還付申請も忘れずに

廃車をしたら税金の還付申請も忘れずに


自動車を使用していると、自動車税がかかります。この税金は毎年4月に1年分を前納して納めます。ですから、一度支払ってしまうと、1年間車を所有していなくても、1年分の税金を納めていることになってしまいます。しかし、これでは、年度途中に車を手放してしまった時には、余分な分まで支払ってしまっていることになります。

例えば、廃車処分にしたときなどは、車がないのにし前もって支払ってしまったことになります。これでは損をしてしまっています。

自動車税を全額支払っていても、廃車手続き後に申請することで、返還を受けることができます。それが自動車税の還付です。納めた金額を実際に使用した月で割った金額が、納めるべき金額となるので、その差額が戻ってきます。この制度は廃車にしたからと言って、自動で行政が処理してくれません。
あくまでも申請があってから、相違がないか審査されて、返金されます。そのため、廃車をしたら、そこで終わるのではなく、必ず自動車税の還付申請も合わせて行うことが重要です。実際にどのように申請するかと言うと、廃車処理後、1週間以内に申請する必要があります。まずは廃車手続きを終わらせることが必要です。場所は陸運局です。持っていく書類を忘れないよう、事前に用意をしておきます。まず、移動報告番号です。この書類は車の引き取り業者が発行します。

さらに、解体報告記録日という、業者が解体したことを証明する書類です。また、印鑑証明を持参します。これに事務所に備え付けの自動車税申告書に必要事項を記入します。書類の他に、免許書などの身分証明書、実印、ナンバープレートを2枚持っていきます。これを提出して、審査を受けます。問題がなければ、永久抹消登録証明書が発行されて、廃車が完了します。次にいよいよ自動車税還付の申請です。この申請は自動車税務署または県税事務所で行います。

ここで廃車の手続きで発行された永久抹消登録証明書と、備え付けてある自動車税申告書に必要事項を記入して、一緒に提出します。そこから手続きが始まり、1ヶ月から2ヶ月の時間を要します。自宅に通知が届きます。還付金は自動で振り込まれるわけではないので、もうひと手間かかります。身分証と印鑑、さらに届いた通知を持って郵便局にいって手続きをしないと受け取ることができません。このように廃車、その後に還付の申請、さらに受け取り処理と、何段階かの手間が必要になってきます。

しかし、申請をすれば税金も適切な金額に抑えることができるので、忘れずに申請することが大切です。