廃車と買取

ユニックの処分方法:廃車と買取


ユニックのような専門性の高い業務用車両というのは、処分するときが大変です。既に使えない状態になっていれば廃車に出すしかありませんが、廃車にするときの手続きや費用がかかってしまいます。特にユニックのように大型の車両の場合、持ち込む手間などもかかりますので非常に面倒です。しかし、業務用の車両というのは一般的な買取業者では取り扱っていないことが多いため、まだ使える状態の車両であっても廃車に出してしまうというケースが少なくありません。実際、保管場所を空けなければならないし下取や買取に出すことが出来ないからという理由で、まだ使える業務用車両の多くが廃車に出されています。このような場合には、まず廃車を考えるよりもほかの処分方法を検討するのがおすすめです。

といっても、自分で次の買取先を探すというのは実質上困難ですので、業務用車両の買取を行っている業者をインターネットで探してみるのが最も手っ取り早い方法です。遠方の業者ではあまり意味がないと思われるかもしれませんが、今は全国どこにでも業務用車両を引き取りに着てくれる買取業者が多数存在しています。中古市場でも業務用車両というのはもともとが高価な商品であることもあり、質の良いものを安く購入したいという需要がかなりあります。
そのため、近くで探しても引き取り相手が見つけられなかったユニックなどが、こういった買取業者に査定してもらうと予想以上の高額で売却できたというケースは決して珍しいことではありません。出張査定や車両の引き取りは無料で行っているところがほとんどですし、煩わしい手続きはスタッフが代行してくれますので、それほど面倒なものでもありません。

また、廃車に出すと費用がかかりますが、買取であれば自分の手元にいくばくかの現金が入ってくることになりますので、はるかに魅力的です。手続きの流れは、まずインターネットで簡易見積もりの申し込みをします。

走行距離や型式、年式などで標準的な見積額の連絡が届きますので、気に入った業者に個別に出張査定の依頼をします。打ち合わせ日時に業者が車両を査定して、正式な見積もり金額を提示してきますので、納得いけば契約をして、金額に満足できなければその場で引き取ってもらうという流れになります。複数の業者に依頼すると、より高額で買い取ってくれる業者に売り渡すことが出来ますので、予定よりも高い額の収入が入ることもありえます。