ナンバープレート

廃車にするときにナンバープレートは


自分のクルマを廃車にするときにはナンバープレートはどうすればいいのでしょうか。
廃車処理をしてくれる業者に自分で持っていく場合にはナンバープレートはそのままにして持っていくようにしてください。
もう廃車にしてしまうのでナンバープレートが不要だと思い勝手に外してはいけません。というのもプレートのないクルマは法律上乗ってはいけないからです。
ですので廃車処理上で外してもらってそれをあとで渡してもらうようにしてください。
返してもらったプレートはあとで陸運局に返納する必要があります。
プレートは自分で購入したものというイメージがあるかもしれませんが実は買ったのではなく借りているだけに過ぎないからです。
返さなければそのあとの手続きができなくなってしまいます。
そして誤解している方が多いのですが、実はナンバープレートは自分で外しても構いません。外したあとに乗ってはいけないというだけであり外すことそのものは違法ではないのです。
自分で外して陸運局に返却する方もいらっしゃいます。
しかし車は運転できなくなってしまいますので廃車処理施設に出張してもらい、レッカー移動をして持って行ってもらうことになります。
元々動かない車などの場合でしたら自分でプレートを外すようにしてください。そうすれば手続きも早くなります。
またそもそも車が災害などで流されてしまった場合や盗難に遭ってしまい廃車の手続きをしたい場合もありますがこの場合にはどうすればいいのでしょうか。
くるまがどこにあるのかわからなければプレートもどこにあるのかわからないものです。
そこでまずは盗難届を出すようにしてください。災害の場合には罹災証明を発行してもらうようにしてください。
この証明があればプレートがなくても廃車の処理をすることができます。
しかしプレートがほしいからという理由で、実際には車があるのにも関わらず罹災証明や盗難届を出すようなことをしてはいけません。
場合によっては罰則を受けます。
車を処分するのにも面倒さがかかるものなのですが、これを最後までしっかりとしなければ後々面倒なことになってしまいます。
廃車の処理をしなければ税金の請求も永遠にされることになりますし、保険の料金も支払う羽目になるのです。
面倒な場合にはすべてを廃車処理業者に依頼するのも方法です。手続き料金なども無料ですべて処理をしてくれる場合もあるのです。
この時には委任状などを用意してください。