一時抹消方法

一時抹消方法で廃車にするメリット


廃車手続きには「一時抹消」と「永久抹消」の2通りの方法がありますが、もし長期間車を使わないことが分かっているなら是非一時抹消手続きで廃車にしましょう。

廃車手続きを面倒に感じてそのままほっておくドライバーも少なくありませんが、車は所有しているだけでも税金がかかりますから、乗っていない時期が長くても当然課税対象になります。

一時抹消手続きで廃車扱いにすることで税金対策になりますから、このメリットは覚えておいて損はありません。

ご参考までに一時抹消と永久抹消の違いをもう少し詳しく見ていきたいと思いますが、簡単に言えば自動車が存在しているか、いないで必要な手続きが違います。

自動車が存在している状態で一時的に登録を抹消する手続きでは、ナンバーを取り外し、管理を担う陸運局に返却することになりますが、ナンバーを外している間税金は発生しません。ただしナンバーがない状態ですから私道は走ることはできても公道を走るこができなくなります。
また、自動車自体は手元にある状態ですから、登録抹消中も駐車場代などの維持費はかかります。更に永久抹消とは違い車検が残っている場合でも重量税の還付金はありません。

ただ、一時的に登録を抹消しても、永久抹消ではありませんから再度車両登録が可能ですし、再び乗りたいと思ったタイミングで車検を受け、無事に通過すればナンバーが付与され公道も走れるようになります。
出張などで将来的には車が必要になるかも知れなくても、今は長期間車に乗らないことが分かっている方、車をオークションなどで他人に譲渡する予定の方、工場など私道でしか乗らない方にメリットの多い廃車手続きです。
一方、再度車両登録が不可能な状態になる永久抹消では解体業者さんにお願いして自動車を解体処分した後にナンバーを返却します。当然自動車が解体され存在しませんから私道も公道も、走行自体不可能です。
交通事故などで自動車が大破してしまい、修理しようもないぐらいめちゃめちゃな状態になってしまっていて、今後その車に乗ることは一生ないと思われる場合、長期間乗って自動車も相当ボロボロになり、故障だらけでほとんどまともに動かないような場合、永久抹消手続きを選択せざるを得ません。
一時抹消と同じように、永久抹消手続きを済ませることで税金から解放されますし、駐車場などの維持費もかかりません。車検が1か月以上残っている場合は重量税の還付金も得られますし、廃車にもメリットはあります。