相続人が廃車にする

相続人が故人の車を廃車にする時には


亡くなった方の所有していた車を廃車にしたいときにはどうすればいいのでしょうか。
亡くなった方のものであっても勝手に処分することはできません。
まずは相続人が車を相続する必要があります。廃車にするような車など相続したくないと思うかもしれませんが、相続をしなければ自分の持ち物でもないので捨てることもできないのです。
まずは名義変更をしてください、これは法律の専門家に依頼すればできます。
そのあとは自分の車を処分するのと同じような感覚で廃車にすることができるのです。
相続をした人が運転免許を持っていない場合には出張査定や引き取りをしてくれるところを探してください。
運転のできる方は自分で運転をして持っていくといいです。
車は使う予定がないのであればすぐにでも廃車にしなければいけません。そのまま放置していますと税金が貯まっていくからです。
本人が亡くなってしまっても税金がかかってしまいます。
かなり放置した後に廃車処分をするとなりますと滞納した税金を払わなければいけなくなり、ただ車を処分するのにかなりの大金がかかってしまうのです。
このような面倒なものであればもう車に関しては名義変更をせずにそのまま放置していればいいのではと思うかもしれませんが、名義が自分のものでなくても税金の支払いの義務を逃れることはできませんのでそのまま放置するというのはやめてください。
まだ少しでもその車が使えるようであれば廃車処理をしてしまうのではなく売ってしまうのも方法です。
日本では値がつかないものであっても海外なら売れる場合もあります。
海外に中古車を売っている買取り業者があればそちらのほうに売るようにしてください。
もしもお金になればそれは名義人のものになります。

ちなみにまだ誰が車を受け継ぐのか決めていない場合にはどうすればいいのでしょうか。
誰も受け継いでいない場合にはやはり名義人は故人のままですので売ったり処分することはできません。
売ったお金をみんなで分けたいと思うのでしたらとりあえずは誰かの名義にしてうるようにしてください。
このようなものは処分をするのは非常に面倒なように思うかもしれませんが、いい加減にしてしまいますとあとで大変なことになってしまいます。
そして保険料や税金などは前もって前納している場合がほとんどですので払いすぎている場合には返納してもらうように手続きをしてください。
これも車の名義人のものになります。